カップル

家族の絆も深まるリゾートウェディング|同時に新婚旅行もできる

少人数結婚式が人気です

女性たち

家族婚は両親や兄弟など身近で親しい大切な人たちとの距離が近いことが魅力です。新郎新婦にとってかけがえのない思い出深い日になることはもちろん、家族の絆が強くなり、さらに両家の仲も深まる良き日になることでしょう。

メリットが多い

ドレス

バブル時代に流行した派手婚から地味婚へと、時代の流れと共に流行が様変わりし、近年は家族婚と呼ばれる形式の結婚式が流行しています。両家の親族のみを招待するのが基本の結婚式であるため、費用の節約に繋がりやすいというところが魅力的です。

家族だけの結婚式

新婦

家族だけの結婚式、いわゆる家族婚が増えてきています。最近では、結婚年齢の多様化やおめでた婚の増加により、大掛かりな披露宴ではなく、家族だけで結婚する家族婚が流行しています。準備期間も少なく費用も掛かりにくいからです。地域や親戚、会社関係のつながりが希薄化していても、家族婚であれば招待客のことを気にする必要もありません。その特徴としては、チャペルや神前式、人前式の中で結婚を誓い合い、それから家族だけで食事会をするような場合が多いです。新郎新婦をじっくりと祝うことができますし、家族の仲も深まるという特徴があります。最近ではさまざまな結婚式場やウェディングプロデュース会社が家族婚プランを生み出しています。

家族婚とは両家の家族で行うこじんまりとした結婚式のことです。まず工夫としては、家族だけの式といえども、食事会の進行や引き出物の用意など、どのようにしたらよいのかわからない場合があります。そのようなときは、プロの司会者に依頼したり、ウェディングプロデュース会社の家族婚プランを利用すると、プロが進行などをサポートしてくれますのでスムーズです。さらに、国内外のリゾート地でリゾートウェディングを行うと、両家のつながりが深くなりますし、結婚式と新婚旅行が一緒にできるというメリットもあります。そのこともあり、リゾートウェディングの人気はますます過熱していくでしょう。そのほかにも、列席の家族を証人とする人前式を行うと、チャペルや神前式と違って会場を選びませんので、費用が安く済むメリットもあります。

少人数で温かい式を

手

家族婚とは、家族のみを招待する少人数の結婚式のことです。少人数のため、席次を工夫したり、派手な演出を避け話をする時間を長くしたりするとより素敵なものになります。また、少人数のため料理にこだわることができるという特徴もあります。