男性と女性

家族の絆も深まるリゾートウェディング|同時に新婚旅行もできる

メリットが多い

ドレス

低予算で実現可能な結婚式

時代によって、結婚式の流行は大きく様変わりしています。たとえば日本が好景気に沸いたバブル経済の頃は派手婚と呼ばれる、大人数を招待して行なう豪華で費用を掛ける結婚式が人気でした。しかし、その頃をピークに徐々に地味婚と呼ばれる結婚式に推移していっており、現在は結婚式自体を行なわないカップルも増えています。そういった中で人気を集めているのが、家族婚と呼ばれる形式の結婚式です。家族婚とは、その名の通り両家の家族や親族などだけをゲストとして招待して行なう結婚式であり、地味婚が最終的に行き着いた結果ということができる物でもあります。結婚式自体を行なわないカップルが増えていることからも分るように、近年のカップルには結婚式に対する強いこだわりは徐々に薄れてきています。そういった中、結婚式を挙げることに強いこだわりを持っている両家の両親などの声を反映して開かれることが多いのが、この家族婚でもあります。一般的な結婚式と比較して、費用が掛からないのも魅力的なポイントです。

利用にあたっての注意点

家族婚を行うにあたっての注意点としては、基本は両家の親族のみの参加となるため、その人数が多くても数十人程度になる点を挙げることができます。少人数で行なう結婚式であるため、招待する人数の都合上利用できない結婚式場なども出てきてしまうのです。どうしても結婚式を挙げたい結婚式場があるなどといった場合には、友人や勤め先の同僚なども招致する一般的な結婚式を行なった方が、よりスムーズに計画を進めることができることはある点は、覚えておくといいでしょう。しかし、家族婚にはこの点を逆手にとってリゾート地でのリゾート婚を挙げやすいといったメリットがあります。リゾート婚にあたっては、渡航費用や宿泊費用などをゲストに肩代わりしてもらうのが一般的ですが、親族であれば問題なく招待することができるためです。